読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンスカファンのすすめ。

佐賀のご当地アイドル『ピンキースカイ』を追いかけながら、佐賀観光もしてる人。観光の方が多い?気のせいだ気にすんな。

ピンキースカイ結成3周年記念コンサート。

ピンキースカイ
iPhoneに替えて1週間弱。慣れる前にフィルムの内側がホコリで汚れまくってしまい凹んでます。結構高かったのに。夜分遅くに失礼します、ベーベーさんです。いっそ剥がしてしまおうかと思うぐらい汚れてしまったのですが剥がした途端に落として画面割る自信しかない。当日に書き始めたものの、上手く書けず、時系列がおかしい部分やお見苦しい部分もあると思いますが、それでも読んで頂ける方はスクロールをどうぞ!



長崎は今日も敗れ、開幕戦の勝利以降7戦勝ち無しでショックで立ち上がれず中々家から出られなかったですけど、ちゃんと行ってまいりました、ピンキースカイの結成3周年記念コンサート。佐賀県立美術館ホールで行われました。

書くという動作がこの世で一番苦手な私が人生で初めて美術館という建物に入るのがまさかアイドルのコンサートになるとは思いませんでしたが、中々に厳かでしたね。ホワイエは飲食OKでしたがレッドブルとか飲める雰囲気では無かったです。飲みましたけど。

会場の物販では、いつものCDと写真集に加え、缶バッジが8種類新しく売られていたので、とりあえず全部買ったらポイントカードが埋まってレベルアップしました。化け猫ダンちゃんがレベルアップの歌を歌ってくれたのですが、美術館側から注意が入りました。ごめんなさい。ダンちゃん反省してると思います。

そんなこんなで、いざ開演。最初は何を歌うのかな〜と思ってたらスネオヘアーっぽい曲に乗せてピンスカの歴史の映像からのスタート。多分スネオヘアー。うん。きっと。多分。自信はない。(コメント欄で教えていただきましたが、SUEMITSU & THE SUEMITHの『Allegro Cantabile』という曲だそうです。なるほど、良い曲です!)
それは良いとして、いやぁ良い映像でした。BGMと映像や写真が流れるのがマッチしていて、ずっと見ていたいと思うような。TMS時代のダンスの映像やピンスカの初期の映像やリハの映像やHMJM感のある日常風景だったりこれ昨日の動画じゃない?ってものまで。僕、これだけ努力してんだよ、ってあの涙のレッスン、みたいなやつってあんまり好きじゃ無いんですけど、サラッとそういう映像もあったりして、挟み方というか映像構成が上手いなぁと見入ってしまいました。

そして、コンサートの開演。最初は以前の衣装を纏って金曜日のおはようスタート。少し緊張しているのが見えたものの、堂々としたいつも通りのパフォーマンス。硬さは無く、いい笑顔でした。

その後、ピンスカミュージカルが始まり5曲ほど、もしかしたらもう少しあったかもしれませんが、2人の演劇を楽しみました。よくあるアイドルが演技やってみました、的なクオリティでは無く、演劇舞台と見比べても何ら遜色ないほどのクオリティ、流石劇団出身なだけありました。これが出来るのは大きな武器だなぁと思いました。人数の多いグループアイドルであれば、人数を変えて様々なステージを見せられるけどピンスカは2人。でも歌だけじゃない武器があるのは強いなと。ホールが似合う所以だな、と感じました。このゾーンが一番だゆんさんがイキイキしてた気がする。いつもと違う感じで歌えてたからかもしれないですが。ああいう歌も出来るならそれをもう少しピンスカに還元出来ると面白いのになぁ。2人で歌うとちょっと遠慮気味というか、支えに回ろうとしてるのかわからないですけど、優しい歌声になるので。なぎりんがアイドルっぽい歌い方も出来るから2人ともちょっと変えて歌うと収拾つかなくなると思ってるかもしれないけど、たまにはそういうのが見れるとピンスカらしさがより出る気がしますけどね。

ダラダラと長く書いてしまった。そんなこんなでソロ曲なども挟みながら第1部終了です←

10分の休憩を挟み、第2部。
超えてゆけで始まり、ピアノの生伴奏でソロ曲を各1曲ずつなど、歌がメインの2部でした。途中マイクトラブルもありヘッドセットからハンドマイクになったりしてましたが、こういう大きな舞台でもそれでもすっと順応していたのは流石だな、と。MCも最後までしっかりと、笑いを挟みつつ、真面目な話もあり、アドリブにもしっかり対応出来て、最後のMC
でなぎりんが涙ぐんでたのを見て、泣きたかったのに涙が出なくなったわ〜と言っただーゆんを見て、2人で支え合ってる感じが凄く出てて良かったなぁ、と。恐らくこれは本音なんだろうけど、2人とも泣いちゃうと収拾がつかなくなるから、しっかりしなきゃって気持ちもあったと思うんですよね。本人は無かったって言いそうですけど、僕はそう感じたのでそういう事にします。こういう瞬間が見れるのがピンスカの楽しみというか、微笑ましいんですよね。ずっと見ていたくなる。見守っていたくなる感じ。
僕はまだファンになって2カ月程度ですが、昔からのファンの人は2人の成長を感じていたのではないでしょうか。あまり過去のことは気にしない人ですが、こればっかりは羨ましく思います。

そして最後に重大発表が。1年後の4月23日に佐賀市文化会館大ホールでの4周年記念コンサート!
まさかの!この日のキャパの3倍以上の1,811席!
正直今の規模だとLinQマリンメッセ福岡でやると言ってたのと同じぐらい無謀な事だと思います。でも、もう会場を押さえたみたいですし、勝機があるとみてるのでしょう。ピンスカの運営さんはちゃんと考えられる人なので、期待します!!


さて、全体の感想としては、素晴らしいコンサートでしたが、もう少しピンスカらしさを出せたんじゃないかなというのが個人的な感想です。
聴かせる、魅せる曲が多くて、わちゃわちゃした感じがもう少し見れるとより楽しかったかな、と。僕がそういうのが好きだってのと、感謝を伝える記念コンサートということで仕方ない部分もあったとは思いますけど。
あと、生バンドの演奏があったら、もっと強いな、と。世界は恋に落ちているのサビ前のキメのギターとかもっと音圧があるとグッとくるだろうなぁ、とか思いながら観る場面も多々。2人だけでもステージを成立させる力は持ってますが、もっとグループとしてマッチョにする事も出来ると思うので、その点は今後の楽しみにとっておくという事にします。
4周年に向けてどうなっていくのか、勝機は一つ妄想がありますが、まぁ無いと思うので戯言は胸に秘めておきます。私が考える事では無いですしね。運営さんを信じてますし、これからどうなって行くのか楽しみです。


書きたいことの3割ぐらいしか書けてませんが、一応書き留めておきます。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。一先ず、お疲れ様でした!
ではではー。